シェイプアップ乳酸菌でダイエットして男たちを見返したったw
シェイプアップ乳酸菌でダイエットして男たちを見返したったw > 乳酸菌ダイエット > 気付いてあげて!体が出してる腸内環境が悪いってサイン

気付いてあげて!体が出してる腸内環境が悪いってサイン


生活している中で知らず知らずのうちに腸内環境が悪くなっているということがあります。でも、あなたの体からは『腸内環境が悪いよ』というサインが出ているんです!気付かないだけで出ているかもしれない、腸内環境のサインをご紹介いたします。

 

小タイトル目印 ガスや息のにおい

腸内環境が悪化しているときに一番わかりやすく出やすいのが、このガスや息のにおいです。

 

腸内環境が悪くなっていると腸内にアンモニアなどの有害物質がたまっている状態になっています。そのままではおなかがぱんぱんになってしまうため、ガスで排出しようとします。ですが、その空気には有害物質がたくさん入っているために、強烈なにおいとなって排出されます。

 

ガスとして排出できればまだいいのですが、ついつい我慢をしてしまう性格の人だとそのガスが呼吸として排出されてしまうので、口臭が気になるという人の中にも腸内環境のサインになっている場合があります。

 

小タイトル目印 肌荒れなどの肌トラブル

これも腸内環境の悪化のサインとして多いのが『肌トラブル』です。中でも肌荒れという形で出る人が多いようですね。

 

腸内環境の悪化によって発生した有害物質は、血液にのって全身を巡ります。そのため、肌表面に肌トラブルという形で発生するんですね。

 

『ホルモンサイクルとは違う時期に肌荒れになった』『突然できた肌トラブルが中々治らない』という人は、腸内環境悪化のサインかもしれませんよ!

 

 

見出し装飾 『名前だけは知っている・・・』悪玉菌ってどんな菌か知っていますか?

腸内の環境悪化に関係している悪玉菌。名前は知っていても、どういう成分でどんな悪いことをするのか詳しくは知らないという人も多いです。そこで、腸内で増えるとNGと言われている悪玉菌についてご紹介いたします!

 

小タイトル目印 腐敗物を溜め込む悪玉菌

腸内には総重量約1kgともいわれるほどの多くの腸内細菌が住んでいます。中でも腐敗物を溜め込んで有害物質を発生させる細菌のことを悪玉菌と呼びます。

 

悪玉菌は1種類ではなく、『大腸菌』や『クロストリジウム』などの様々な種類があります。腸内には多くの腸内細菌が住んでいるのですが、生息できる量には限りがあるため、悪玉菌が増えてしまうと必然的に善玉菌が減少して腸内環境が悪くなってしまうんです。

 

小タイトル目印 発がん性物質を作り出すことも

悪玉菌の恐ろしいところは、免疫力を低下させて風邪などをひきやすくしてしまうところです。さらに、自らが作り出した有害物質から発がん性物質を作り出すこともあるんです。

 

また、善玉菌に比べて強いという性質もあるため、食生活や生活習慣などの気を使わないと、悪玉菌優勢の腸内環境を作り出してしまうことにもなります。

 

小タイトル目印 加齢も悪玉菌増殖の鍵

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内は、99%以上のほとんどが善玉菌という非常に綺麗な腸内になっています。

 

ですが、肉類中心の食生活や生活習慣、加齢による免疫力の低下などによって悪玉菌が増殖しやすい環境になってしまうんです。一見関係がないように思える加齢と悪玉菌にも、実は大きな関係があったんですね。