シェイプアップ乳酸菌でダイエットして男たちを見返したったw

生活習慣から腸内環境を整える方法。


腸内環境には、毎日の生活習慣が大きく関わっています。どんな点に気をつけて過ごせば、綺麗な腸を保てるのでしょうか。腸内環境を整える方法をご紹介いたします!

 

小タイトル目印 水分補給はしっかりと

水は、私たちの体に欠かせないものです。あまりとらないでいると、腸内環境にも悪い影響を与えてしまうんです。

 

体内に水分が不足していると便がかたくなってしまって、腸内に長い時間とどまることになります。長時間腸内にとどまっていた便からは、アンモニアなどの有害物質が発生します。

 

この物質が腸内環境を悪化させるだけではなく、血液を通して全身に周ってしまうことによって生活習慣病を引き起こす危険性があるということがわかっています。

 

水分は、腸内環境のためにも非常に大切なものだということがわかりますね。

 

小タイトル目印 起床直後やお風呂の後は特に意識を

中でも、のどの渇きはあまり感じないのに体内の水分が不足しがちなタイミングとして『起床直後』と『お風呂の後』が挙げられます。

 

寝ているときやお風呂に入っているときは、想像以上の汗をかいています。コップ1杯分から1リットル近くまで、時間や体質にもよりますが、驚くほどの量の汗をかいているんです。

 

そこで、この2つのタイミングでは、意識して水分をしっかりととるようにしましょうね。

 

 

見出し装飾 脂身NG!?知らずにやってる腸内環境のためにならない生活習慣

何気なく送っている日常生活でも、ちょっと気をつけるだけで腸内環境を整えることができるのをご存知ですか?毎日できる、腸内環境を整える簡単な方法をご紹介いたします!

 

小タイトル目印 お肉は食べ過ぎないように

食の欧米化が進み、熟成肉などの新しい肉料理が増えてきているのですが、腸内環境のことを考えるとあまり食べ過ぎるのはいただけません。

 

腸内環境が悪くなる原因に、腸内の悪玉菌が増えて腸内バランスが崩れているということがあります。この悪玉菌の大好物が、肉類に多く含まれているたんぱく質なのです。

 

摂り過ぎてしまってきちんと消化されないままに腸までたんぱく質が届いてしまうと、悪玉菌がエサとしてしまうために増殖し、腸内環境が悪くなってしまうんですね。

 

小タイトル目印 脂身は特にNG

肉類の中でも、赤みの部分ではなく脂身の部分は特に注意をしたいところです。人間の消化器官は、脂肪を分解する力があまり強くありません。

 

特に、年齢を重ねれば重ねるほど、その力は弱まっていきます。消化機能が低下してしまうと下痢になりやすくなったり、お通じが不定期になってしまったりするので、腸内環境も比例して悪くなってしまいます。

 

お肉を食べる際にはできる限り脂身を避け、量も食べ過ぎないように心がけましょう。