シェイプアップ乳酸菌でダイエットして男たちを見返したったw

ストレスで太るのには理由があった!


『ストレス太り』という言葉があるように、ストレスは太る原因になるということは広く知られています。ですが、何故この2つが関係しているのかはあまり知られていません。ストレスが太る原因になるというメカニズムを簡単にご紹介いたします!

 

小タイトル目印 太る原因は3つ

太ってしまう原因は、大きく3つに分けることができます。それは、『食生活の乱れ』『体質』『生活習慣』の3つです。この中でストレスが関係しているのは『食生活の乱れ』と『生活習慣』です。

 

小タイトル目印 食生活とストレスとの関係

食生活の乱れとは、『暴飲・暴食』、『食事をする時間が決まっていない』、『食べるものに偏りがある』などが挙げられます。

 

ストレスからくる暴飲・暴食はもちろんですが、ストレスの原因が激務の仕事だったり不規則な生活だったりすると、食事を決まった時間にとれないということも加わってきます。

 

健康的な体型を維持するためには、『毎日決まった時間に』『適度な量を』食べることが必要不可欠です。これらがストレスによって難しくなってしまうために、太る原因となってしまうんですね。

 

小タイトル目印 睡眠時間は大切

生活習慣の中でも、特に大切なのが『睡眠時間』です。きちんと睡眠をとることで、体内のホルモンバランスを正常に保つことができます。
ですが、睡眠時間がまちまちだったり短かったりするとホルモンバランスを正常に保てなくなり、本来おなかがいっぱいになったときに刺激される満腹中枢の働きを弱めてしまいます。

 

それによって、必要以上に食べ過ぎてしまうということになってしまうんですね。ストレスがたまりすぎて眠れないという人は、寝る前の導入として『アロマを焚く』『ホットミルクを飲む』などの対策をするようにしましょう。

 

 

見出し装飾 代謝が落ちることとストレスには意外な関係があったんです!

ストレスが過剰にかかることによって代謝が落ちることも太る原因となっているんです。ストレスによって代謝が落ちるというメカニズムにせまります!

 

小タイトル目印 『甘いものが食べたい』は黄色信号

ストレスを感じたときに『なんか甘いものが食べたいな』と思うことはありませんか?実は、それは体が出している黄色信号なんです。

 

ストレスを感じているとき、脳は常に神経をとがらせており、活性化した状態になっています。その状態をキープするために糖を使用します。このため、甘いものが欲しくなり、結果として太ることにもつながってくるんですね。

 

また、外から摂取する糖もそうですが、筋肉にも糖があるため、筋肉の中のブドウ糖を脳へとまわすために筋肉が分解され、代謝能力が落ちてしまうんです。

 

小タイトル目印 血流の悪化で代謝が低下

ストレスをためてしまうと自立神経に支障をきたしてしまい、血流が悪くなるという研究結果があります。血流には老廃物を流したり栄養をきちんと行き渡らせる役割があるため、これが悪くなってしまうと体に不必要な成分がきちんと排出されなくなります。

 

また、血流の悪化は冷え性などの体温低下の原因にもなります。体温が低下してしまうと体が『生命維持の危機的状態』だと認識してしまうため、できる限り代謝を抑えようとします。

 

そのため、ストレスによる血行不良は代謝が悪くなる原因になっているんです。もちろん、腸内環境も悪化してしまうので注意が必要です。

 

さてここまで読まれてすでにお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、このストレス、もちろん腸内環境にも悪影響をもたらします。次の記事ではストレスと腸内環境の関係をご紹介します。